« シカ出没中 | トップページ | 大峰沼の紅葉 »

2005年10月29日 (土)

ゴースト

20051029b1
発売直後からネット上のBBSで騒がれていたEF24-105/4L ISのゴーストの件で、昨日キヤノンから正式にアナウンスがありました。

で、私のレンズはと言うと..しっかり該当品でした。発売日に手に入れたのですから当たり前ですね(笑)。ただ、実際に使ってみて問題のシャワー状ゴーストをハッキリと認識したことがないので、一応該当レンズによる全ての撮影済みカットを見直していったら、1枚だけそれらしいのを発見しました。

20051029b2

私は基本的に単焦点レンズ派なので、ズームレンズというものは多かれ少なかれゴーストやフレアは発生しやすいと考えており、大したシーンでないこともあって見過ごしていたようです。ちなみに写真は一部をトリミングしてあり、尚かつゴーストの発生状態を強調するためにわざとハイキーにレタッチしてあります。

EF24-105/4L ISはズームレンズにしては良くできた今風のレンズです。以前使っていたEF28-70/2.8LとかEF24-70/2.8Lに較べても、F値が暗いことを除けば何ら画質に遜色ありません。そもそもF値が暗いことは、高感度に強いキヤノンのデジタルカメラにとってはまったく問題ないことです。むしろ軽くなったことや、スタビライザーが装備されたことによる恩恵のほうが大きいと言えるでしょう。まあそれだけに今回の不具合は尚更目立ってしまうのでしょうね。

デジタルカメラは、従来のフィルムカメラよりもどちらかと言えばPC等のデジタル機器に近い製品と言えます。それ故に開発サイクルが短くテスト段階で十分に不具合を出し切れない為、初期の生産ロットには不良が出やすいようです。なので初期出荷分には手を出さず、2~3ヶ月経ってこなれてきてから買うのが良いと言われます。かく言う私もその辺りを承知の上で5Dを導入したのですが、まさかレンズのほうでその初期不良に当たるとは思いませんでした(苦笑)。

« シカ出没中 | トップページ | 大峰沼の紅葉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シカ出没中 | トップページ | 大峰沼の紅葉 »