« 冬の気配 | トップページ | 国境沿いの山々「今朝の武尊」 »

2005年11月 9日 (水)

0℃

20051109
寒い!と思わず北風に身震いしながら外気温を計ってみると、ちょうど1℃から0℃に変わるところでした。

仕事の打ち合わせで長野に出掛けた帰り、用事が全て午後一で終わったので、志賀・草津経由で帰ることにしました。国道292号(通称・志賀草津道路)の冬季閉鎖が、今月の18日であるというの先日聞いたというのもあります。

新緑や紅葉の時期には渋滞することで有名な渋峠・山田峠間も、今は行き交う車も少なく、ましてやこう寒くては駐車して車外に出ている人もほとんど見掛けませんでした。かく言う私もフリースセーター1枚では凍えるような寒さで、15分と外には立ってられなかったです。冬用のジャケットを積み忘れたのが敗因ですね(苦笑)。それでも寒いのを我慢しつつ付近をちょっと歩きましたが、弓池が既に3分の2ほど凍結しており、朝晩は氷点下まで冷え込むことが容易に想像できました。それに外気温0℃でこの猛烈な北風では、体感気温は-10℃近いのではないかと思います。

湯釜を望む原で寒さに打ち震える私の頭上を、しわがれ声のホシガラスが飛んできました。彼らが里に下りる頃、ここは一面の銀世界に覆われ、長い長い冬に入ることになります。

写真は湯釜の外輪。北風に煽られ次から次へ雲が飛んできました。
EOS-1D MarkII N EF28-300/3.5-5.6L IS
65mm F8 1/350 ISO100
ピクチャースタイル「風景」

« 冬の気配 | トップページ | 国境沿いの山々「今朝の武尊」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の気配 | トップページ | 国境沿いの山々「今朝の武尊」 »