« 側溝の中を歩く鳥 | トップページ | Gallery「冬 Vol.1」 »

2005年12月18日 (日)

この冬一番

20051218
群馬県にもこの冬一番の寒気が入り込みました。

県北部は全域が朝から雪模様。我が赤城高原も20cmほどの積雪で、家周りを雪かきしてから出掛けました。今日は調査で吾妻の山の中でしたが、いや寒いのなんのってもう。ジッと立ってると足元から冷たさが這い上がってきます。うっかり風上を向けば吹雪に全身を覆われます。寒暖計の最低気温は氷点下8℃。風に当たるとそれだけで氷点下15℃くらいの感覚で、さすがにこの冬初めてダウンジャケットに袖を通しました。午後になり青空が広がりましたが、それでも気温は上がらず、結局1日中氷点下でした。

写真は木々に積もった雪が強風で舞い上がる様子。
EOS-1D MarkII N EF28-300/3.5-5.6L IS
190mm F8 1/350 ISO100
ピクチャースタイル「忠実設定」

« 側溝の中を歩く鳥 | トップページ | Gallery「冬 Vol.1」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 側溝の中を歩く鳥 | トップページ | Gallery「冬 Vol.1」 »