« 続・ワタリガラス | トップページ | ワシ、ワシ、ワシ »

2006年2月23日 (木)

カムイを求めて

20060223
コタンクルカムイとは..当ブログをご覧の方々は言わなくても判りますね。

夕方、友人のF君とカムイを求めて雪の原野へ分け入りました。ここはF君が季節を問わずフィールドとして通っている湿原で、近年カムイの生息が確認されており、F君の師匠でもある根室のY氏らの手で人工巣箱がいくつか掛けられているとのことです。カムイは今が恋の季節真っ盛りで、一昨日も雌を求めて盛んに鳴いていたらしく、私も久しく彼らの声を聞いてないので、今日の調査には否が応でも期待が高まります。雪原を歩くこと小一時間、ダウンジャケットを着込んでの防寒対策を施し、ヤチハンノキやヤチダモの河畔林で待つこと2時間、闇と静寂とが支配する世界に..と、成果に関してはご想像にお任せします。何しろ扱いには慎重期さなければならない種なもので。取り敢えず、温泉から上がってF君宅で祝杯を挙げたことだけは事実ですが(笑)。
GR DIGITAL 1/320 F4 ISO81 ストロボ発光

20060223b
日中はF君のオジロワシの調査にお付き合い。このペアも巣作りはバッチリ終わっており、今日は交尾も確認、後は産卵を待つだけです。あ、そうそう、今日は初めてオジロワシの水浴びを観察しました。オジロに限らず、野生のワシの水浴びを見たのは初めてのことであります。
GR DIGITAL 1/250 F4 ISO64
(Nikonのフィールドスコープ使用)

« 続・ワタリガラス | トップページ | ワシ、ワシ、ワシ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。