« 朝に夕にずぶ濡れ | トップページ | 納涼祭 »

2006年8月23日 (水)

久々の子持山

20060823
朝から子持山が全開に見えるのは久しぶりのことです。何とか晴れの日が続いてはいますが、なかなかこうスッキリとせずにどこか靄っている感じでした。それが昨夜の前線の通過でごっそり空気が入れ代わったようですね。
GR DIGITAL F5 ISO64

昨晩は県内全域で大停電だったとか。雷雲が日本海から南下して太平洋側に抜けたため、送電線に落雷して36万世帯(県内世帯の約半数)に影響したとのことです。しかしなぜ他人事のように書いているかと言えば、まず赤城高原では雷雨にならず..正確には日中に少しだけ天気雨がパラついたけど..に晴れていたこと、そして夕方からは部落の納涼祭で発電機回しながら酒を飲んだくれていたのが理由です。倅が言うには8時過ぎに一度八木節の音楽が止んだ..ラジカセは近くの区民館から電気を引いていた..らしいのですが、囃子の太鼓と生歌は聞こえていたので、酔っぱらいの面々は全然気が付きませんでした(笑)。

« 朝に夕にずぶ濡れ | トップページ | 納涼祭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝に夕にずぶ濡れ | トップページ | 納涼祭 »