« 風変わりなタカ | トップページ | Now is the Time »

2006年9月15日 (金)

新たな犯人はクマ

20060915
新たな犯人が新たな物的証拠を残しました。

いつもの通りF農場のトウモロコシ畑に差し掛かったところ、ララァが妙にそわそわして落ち着きが無くなくなりました。またタヌキかノラネコでもいるのだろうと思い、山側の農道を回り込んだところで畑の入り口からのぞき込んだところ、案の定いつも見掛ける黒いノラが、畑の隅に逃げていくのが見えました。が、それと同時に目に飛び込んで来たのは、一面なぎ倒されたトウモロコシの無惨な姿でした。

20060915b
ミステリーサークルかと見まがうような光景。さすがにこれだけの被害となると、のんきにタヌキの仕業などと言ってられませんね。間違いなくこの現場の犯人はクマです。

20060915c
今の今までいたとしか思えないような真新しい食痕。タヌキが付けるような申し訳程度に囓った跡でなく、歯でねじ切った後にそのまま歯でしごいたような感じで、何とも強烈です。ここでワトソン君に臭いを嗅いでもらおうとし向けたのですが、思いっきり被害者のトウモロコシに齧り付いたので、すかさずゲンコツが飛びました(笑)。

20060915d
犯行現場を目を皿のようにして探し回ったところ、程なく一つだけ犯人の足跡を発見しました(写真中央よりやや下)。ちょっと判りづらいかもしれませんが、トウモロコシの茎を折るべく後ろ足で立ち上がった時に付いたもののようです。どちらかと言えば踵が深く沈んでおり、尚かつ指の跡が浅いところを見ると、もしかしたら一度は後ろにひっくり返ったかもしれません。何れにせよ発見は昨夜の雨のお陰ですね。

ちなみにここでもワトソン君に臭いを嗅いでもらおうと綱を引っ張ったら、ちょうどウ○コの真っ最中でした。この後、現場を荒らすだけでほとんど役に立たないワトソン君が、問答無用で畑の外につながれたのは言うまでもありません(笑)。

20060915e
犯行現場付近の概況。写真左の松が植えられているところが畑の入り口で、奥が防風林です。路上の足跡は、カーブミラー下の水たまり周辺に残っていました。そのまま足跡を辿ろうとしたのですが、5mも歩かないうちに防風林の中へと消えていました。やはり防風林を伝って移動しているのが、これでハッキリしました。

20060915f
路上の泥の上に残されたクマの足跡。行きと帰りとほぼ同じところを歩いていますね。短いのが前足で、やや長いのが後ろ足になります。後ろ足の長さが約15cm程あるので、雄の成獣(約80kg程度)と考えられます。普通急いでいる時は踵まで付けないのですが、この犯人は警戒することなくのんびり歩いているのがわかりますね。

しかし、注目すべきは朝採りレタス農家のトラックのタイヤ痕より後に付いている点です。朝採りの最終便は大体5時半頃に降りていくのですが、私が現場に着いたのは5時50分。と言うことは、やはり犯人は直前まで現場にいて、腹一杯食べた後に悠然と引き上げていったということが想像できます。現場を離れるまでララァが落ち着かなかった訳が解るというものです。もしかしたら私たちが現場をうろついている間、どこかでこちらの様子を窺っていたのかもしれませんね。

GR DIGITAL F2.4 ISO200(データ共通)

« 風変わりなタカ | トップページ | Now is the Time »

コメント

どもども☆
お初にお目にかかります。
「犯人はクマ」につられて来てしまいました。
僕の近所の山でもクマが出没しています。最近では町にまで下りてきているそうです。看板が貼ってありました。
遭遇したら、K-1の格闘家でも無傷じゃすまないでしょうね~。
おぉ~怖!
ではでは☆

昨日、撃ち殺されたばっかりなのにね。ということはやっぱり山で何かが起こっているのね。
どうすりゃいいのでしょうねぇ。。。
しかし、寸でのところだったのね。そりゃワトソンクンそわそわするはずよ。でもよくそこでう○こができたもんだわ。
さすがBDさんの肩腕だわ。

聞き捨てならぬ!
「犯人は熊」についつい反応してしまいました。
「ボク何にもしてないよ。 少しだけお腹が空いていただけだよ
だって食べる物も場所も無いんだもん」
熊通訳なら私に任せなさい!

みごとな足跡。石膏型とりたくなっちゃう。
最近海ばっかで、熊さんみてないなあ。彼(?)も害獣として駆除されちゃうのかなあ?今後がとっても気になるおさるでした。

【美沢さん】

> 遭遇したら、K-1の格闘家でも無傷じゃすまないでしょうね~。

大山倍達でも厳しそうですけど(笑)。
あ、彼は牛殺しだったかな?
クマ殺しウィリーなんて言うのもいましたねぇ(古!)

【Tomeちゃん】

> 昨日、撃ち殺されたばっかりなのにね。
> ということはやっぱり山で何かが起こっているのね。

自然界にはある種のリズムがあって、
クマが山の実りで幸せの年が頂点だとすれば、
今年はたまたま底に当たっただけ。
もちろん長い目で見ると人の生活圏の拡大とか、
気候変動(それさえも人為)の影響あるんだけどね。

これ↓を読んでもらえるとクマの事情が解るかも。
http://bigdipper.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_bfef.html

【♂KUMAさん】

> ボク何にもしてないよ。
> 少しだけお腹が空いていただけだよ
> だって食べる物も場所も無いんだもん

絶対そう思っているよねぇ、あいつら。
恐らく悪気さえないと思う。
何たって自然界にここまでは食べて良い、
ここからは食べちゃダメ..なんて線引き無いんだから(笑)。

それにしても件のF農場の場合はあまりに無防備過ぎるので、
若旦那にちょっと言っておこうと思っとります。

【クマ蹴りのおさるさん】

> みごとな足跡。石膏型とりたくなっちゃう。

でしょでしょ(笑)。
私もあそこまでくっきりと付いた足跡は久しぶりなので、
あの後とって返したんだけど、既にトラクターのタイヤが..

> 彼(?)も害獣として駆除されちゃうのかなあ?

捕獲個体をどうするのか、
今月に入って質問してあるんだけど、
まだ明確な回答がないざんす。
催促入れて結果報告します。

この記事へのコメントは終了しました。

« 風変わりなタカ | トップページ | Now is the Time »