« 秋の実 | トップページ | 誰の仕業? »

2006年10月 8日 (日)

冬型

今日は北部県境に調査山行どころではなかったです。昨日に引き続いて強風に小雨が混じる荒れ模様の天候でした。まあそれもそのはず、天気図を見たところ思いっきり西高東低の冬型でしたからね。

20061008
冬型のその勢力によっても違いはありますが、概ね我が赤城高原が天候の変わり目になる場合が多いです。庭に出てまずは南の空を見上げれば、子持山から向こうには青空が広がっています。
EOS30D EF-S10-22/3.5-4.5 10mm
F8 1/180 ISO100 Picture Style「スタンダード」

20061008b
とって返して視線を北の方角に移せば、ご覧の通り厚い雲がたれ込め、谷川岳を始めとした上越国境方面は雲の中。雨が降っているのか、三峰の山裾に虹が架かっています。
EOS30D EF70-200/4L 70mm
F8 1/350 ISO200 Picture Style「スタンダード」

20061008c
北部がダメなら南の山域へと調査地を急遽変更。県南部はヘイズもなく実にクリアな視界に恵まれましたが、終日風が吹き荒れ、クマタカが真横になって飛ばされていくほどの強風でした。ちなみに写真では判りづらいですが、稜線の上の方ではそろそろ紅葉が始まっています。
GR DIGITAL F8 ISO64

« 秋の実 | トップページ | 誰の仕業? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の実 | トップページ | 誰の仕業? »