« 初冠雪 | トップページ | お仕置き放獣 »

2006年11月15日 (水)

狩猟解禁

20061115
三脚担ぎながらいつもの尾根を下っていると、迷彩服にオレンジ色のベストという、隠れたいのか目立ちたいのか相変わらずよく判らない(笑)出で立ちのハンターご一行様とすれ違いました。そう言えばちょっと前に谷の方で銃声が響いてましたね。11月15日は狩猟解禁日なので、この日を指折り数えて待っていたハンターも多いことでしょう。かく言う私も、雪が降るまではしばらく藪漕ぎは控えねばならず、待機観察時は目立つ服装で見通しの良い場所に陣取る必要があります。不本意ではありますが、自衛のためなので仕方ないところですね。

ちなみにライフルを抱えた御仁がいたので、クマ撃ちか?と尋ねたところシカだとの返答。もう一人の御仁曰く「クマ撃ちは自粛の要請が出ているので様子見」とも言ってました。この辺りのクマが冬ごもりに入るまであと半月少々。その言質の通りシーズンを終えてくれると有難いのですが。

GR DIGITAL F5 ISO100

« 初冠雪 | トップページ | お仕置き放獣 »

コメント

そうか、熊に襲われる心配より、今からは熊に間違われて襲われる心配なのね。やっぱり一番怖いのは飛び道具使う人間だわね。

クマに襲われたら遠慮無く反撃できるけど、鉄砲撃ちだと問答無用とはいかないからねぇ(苦笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初冠雪 | トップページ | お仕置き放獣 »