« ウィンバリー・サイドキック | トップページ | 梅のつぼみ膨らむ »

2007年1月30日 (火)

暖冬の影響

今日の日中はまるで春のように暖かかったですね。シャツにフリース1枚羽織っただけで十分過ごせました。フィールドにしている山や森の雪も、最近ほとんど補充されてないので、日に日に減っているのが判ります。うっかりするとこのまま春を迎えることになりそうですね。

20070130
ここの所、調査対象の産卵日を特定すべく、某所へ日参する日々が続いてます。巣内にて抱卵体勢に入っているか、もしくはまだ入ってないかを確認できればとりあえずはそれでOKなので、巣から安全距離を置いた杉林内からフィールドスコープで覗いてさっさと引き上げます。いるにせよいないにせよ、どっちにしても調査対象に気取られては拙いので、現場に長居は無用です。一応今日現在では、まだペアで巣のある岩場の上空を旋回していました。
GR DIGITAL F2.4 ISO64

さて今冬のこの暖冬傾向が、どの程度調査対象の営巣に影響が出るのか、少々気になる点ではありますね。

« ウィンバリー・サイドキック | トップページ | 梅のつぼみ膨らむ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィンバリー・サイドキック | トップページ | 梅のつぼみ膨らむ »