« 今日が流氷初日 | トップページ | ウソ多し »

2007年1月21日 (日)

月例調査

20070121
林道脇のわき水の溜まりでヤマドリの羽を見つけました。

20070121b
さらにそこからほど近い林道上には、同じヤマドリのものと見られる羽毛が散乱していました。状況からして、わき水の溜まりに水浴びか水飲みに来たところを、何者かに襲われたものと考えられます。我々以前にハンターが数名入っているので、捕獲痕はすでにタイヤで踏みつけられていますが、羽に付着している雪の状態から、襲われたのは早朝であることが判ります。前の晩にうっすらと雪が舞ったことと、ヤマドリは夜間には行動しないことからの推理です。

では一体襲ったのは誰なのか。まず当然我々が調査対象としている猛禽類を真っ先に疑いましたが、捕獲時に付くはずの羽ばたきの痕や爪痕が見あたらないことから、猛禽類によるものではないようです。さらに周囲を丹念に調べると、複数のけものの足跡が見られます。犬のような足跡はキツネかタヌキ、そしてそれらよりも小振りなのはテンのようです。この時点で怪しいのはやはりキツネかテンということになりますが、足跡の付いた順までは推理しようもなく、さすがにどちらが犯人かまでは謎ですね。

20070121c
最近調査に皆勤のE画伯。新調したスワロフスキーのフィールドスコープを覗きつつ、対象のスケッチに筆を走らせます。

20070121d
E画伯のスケッチの一部。私の文字だけのフィールドノートに比べて華がありますね。筆心のある人はうらやましいです。

20070121e
この週末は北部山域の月例調査とメンバーによる新年会でした。恒例ですのでいつもの常宿に泊まって温泉&酒三昧です。忘年会をしたのに新年会もするのかと家人には訝られましたが(苦笑)、まあ今年は合同調査や何やらと色々イベント目白押しなので、その辺の打ち合わせも兼ねてのことになります。

上の写真は、私がフィールドで撮影対象としている北部山域のペア。同時に保護を目的とした調査対象でもあります。同種とは25年以上、そしてこのペアとはかれこれ8年の付き合いになります。撮り続けている記録から当初より入れ替わった事実はなく、雄の方が若く雌の方がやや年いっていますが、何とか順調に隔年で繁殖を続けてきています。さてさて今年はどうなることでしょうか。

GR DIGITAL

« 今日が流氷初日 | トップページ | ウソ多し »

コメント

ウーン ソレハ オオカミノ シワザデスネ!
ソノアシアトハ オオカミカムースデス。

しかし、忙しいデスね~・・・
そこは群馬ですか?北海道はいつから行くのですか?

おお~  そやそや
新年会はいつする?

ウーン ニッポンノ オオカミハ ゼツメツシマシタネ!
ウーン ニッポンニハ ムースハ イナイデスネ!

> 北海道はいつから行くのですか?

毎度のことですが、渡道は流氷が来てからであります。

> 新年会はいつする?

月内に一度上京予定ですので、
後ほど伝書鳩飛ばします。m(_ _)m

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日が流氷初日 | トップページ | ウソ多し »