« エゾリンドウとカルガモ | トップページ | 下見 »

2007年9月16日 (日)

残暑の月例調査

20070916
もうすぐ彼岸だというのに、この暑さは何なんでしょうね。空の青さや雲の様子、コスモスにススキが風に揺れる様は、視覚的には秋を感じさせるものですが、照りつける日射しにミンミンゼミの鳴き声は、まだまだ夏そのものです。今日は先月同様、傘で自前の日陰を用意しての調査となりました。

20070916b
撮ったときはツユムシかと思いましたが、帰ってから調べてみるとアシグロツユムシという別種のようです。そう言えば、キリギリスの仲間は脚に耳がある..バッタは胸にある..と聞いたことがありますが、確かに前脚の関節付近にそれらしい穴がありますね。

Caplio R6

« エゾリンドウとカルガモ | トップページ | 下見 »

コメント

りっぱなお髭とりっぱな足に圧倒されます。
ツユムシ系はこんな感なんだー(@。@*

キリギリスの仲間と言えば、今はスイッチョン(ウマオイ)がよく鳴いていますね。夜はもう秋なんですが、昼間はまだまだ夏のようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エゾリンドウとカルガモ | トップページ | 下見 »