« サルの顔が赤いのは | トップページ | Movie「奥利根の紅葉」公開 »

2007年9月29日 (土)

企画展「鳥たちの世界」

20070929
県立自然史博物館の企画展を見に行ってきました。今回のテーマは「鳥たちの世界」ということで、鳥類の特徴的な生態を展示したものです。その他11月までの企画展の開催中にいくつかの記念行事があるようで、中でも長谷川博氏(東邦大学理学部教授)による「アホウドリ:再生への羽ばたき」は是非聴いてみたいですね。ちなみに明日はデジスコの仕掛け人である石丸善晴氏を講師に、デジスコによる鳥の撮影方法の座学と実践があるようです。

20070929b
会場入り口に置かれていたヤマドリ(左)とタンチョウ(右)の剥製。ヤマドリは県鳥、タンチョウは上毛かるたに「(つ)鶴舞う形の群馬県」と読まれており、何れも我が県に縁のある鳥ですね。

20070929c
企画展は今日から始まったばかりなので、さすがにその内容を紹介するのは気が引けます。取りあえず我がライフワークの生きものの剥製だけ。なかなかイケてる展示方法ですな(笑)。

20070929d
博物館大好き人間の私にとって、ここはいつ来てもわくわくするところです。この春の映画の影響なのか今度「ナイトツアー」があるらしいので、倅と申し込んでみようと思います。

20070929e

20070929f
帰りがけに高崎市の鼻高展望の丘に近い長坂牧場「みるく工房tanpopo」に寄って、久しぶりに飲むヨーグルトと手作りジェラートを食してきました。写真は展望の丘のコスモス。

EOS30D EF-S10-22/3.5-4.5
ISO1000 Picture Style「スタンダード」
(1~4枚目)

EOS-1D MarkIII EF28-300/3.5-5.6L IS
ISO200 高輝度側・階調優先
DPP3.0 Picture Style「忠実設定」
(5・6枚目)

« サルの顔が赤いのは | トップページ | Movie「奥利根の紅葉」公開 »

コメント

私も行きました!
 本当は買ったばかりのcanon 40D持って、尾瀬か奥日光に行くつもりでしたが、あいにくの天気で山は諦め、5歳の息子を連れて群馬県立自然史博物館へ出かけました。行く途中でコスモス目当てで鼻高展望の丘にも行きました。まさか昨日BigDipperさんも行っていたとは!(今知ってびっくりです)
「デジスコで野鳥を楽しもう」も見たかったのですがF1 日本GPの生中継をTVで見るため、お昼を館内のレストランで食べ、早々に引き上げました。

わぁ~ ピンクのコスモス!
やっぱりピンクがいいですね。
群馬八幡の駅前でもジェラートが・・
今度是非いただいてみたいです、こちらのほうが近いですよね。

先日博物館の隣“かぶら文化ホール”でオペラを観て来ました。
“自然史博物館”はまだ地元なのにまだ一度しか行っていません、
で、こちらも行ってみたいですね。

アラスカの素晴らしいお写真、拝見いたしました。
夢のように美しい“ノーザンライツ”
“瞑想するナキウサギ”も印象深いです。
いいものを見せていただきまして有難うございました。

【densukeさん】

おや、まったく同じコースですね。

> F1 日本GPの生中継をTVで見るため

F1と言えば私の頭の中では、ニキ・ラウダ、ジェームス・ハント、マリオ・アンドレッティ、ジャッキー・スチュアート、他にはサーティース、クラーク、ブラバム..辺りで止まってます。なのでアイルトン・セナなんて、つい最近のドライバーですね(笑)。

【ちささん】

> “自然史博物館”はまだ地元なのにまだ一度しか行っていません、

常設展はあまり変わり映えしませんが、興味のある企画展の際に出掛けるようにしています。本当はお金とヒマがあれば、スミソニアン博物館とか大英博物館に行ってみたいのですが。

> アラスカの素晴らしいお写真、拝見いたしました。

ご覧頂きありがとうざいます。最近出掛けていないのですが、次の取材機会を虎視眈々と狙っております。いつになるかは判りませんが(笑)。

この記事へのコメントは終了しました。

« サルの顔が赤いのは | トップページ | Movie「奥利根の紅葉」公開 »