« 久しぶりの好天 | トップページ | 合同調査 »

2007年10月 5日 (金)

少しずつ秋らしく

今週末、私の所属する研究グループの全国合同調査が行われます。今日は先月の下見で決まった調査地点のうち、林道を使ってアプローチするところを、念のため再度チェックに出掛けました。万が一林道が使えない場合は、他の地点へ再配置する必要ができてきますが、取りあえず全線クリアでした。

20071005

20071005b

写真は林道の標高1300m付近のブナ林の様子。今年は9月の気温が高かったせいで全般的に紅葉が遅れているそうですが、確かに例年よりは色付き加減が鈍い感じがします。それでも北部山沿いは少しずつ秋らしくなってきているようですが。

EOS40D EF28-300/3.5-5.6L IS
ISO200 DPP3.0 Picture Style「風景」
(以上データ共通)

上の写真を撮った後、谷間からクマ○カがゆっくり旋回しながら上昇してきました。ちょうど北風が冷たいと感じて、車に戻ってシャツを羽織った時だったので、写真は逃しましたが、目の前50mほどを悠然と滑空してブナ林に消えていきました。

それとクマネタをもう一つ。調査地点からエリア内を双眼鏡で眺めているとき、突然背後からキノコ採りのおっさんが話しかけてきました。つい10分ほど前に、現在地より200mほどの笹藪で、出会い頭にクマに出くわしたと息咳き込んで話し始め、いかに驚いたかを身振り手振りで教えてくれました(俺はあんたにビックリしたんだけど..)。

そのおっさんは、危ないから早く下ったほうがいいと言い残すと、スタスタと林道を歩いて行ってしまいました。私は慌てて機材を車に放り込んで、おっさんの話の場所と思われる笹藪に急行、しばらく様子を見ましたが、30分経ってもガザガサ言うのは風の音だけで、クマは姿を見せませんでした。この秋最初の出会いになるかと期待したいのですが、少々残念でしたね。

« 久しぶりの好天 | トップページ | 合同調査 »

コメント

水曜日に尾瀬、今日 土曜日に奥日光に行って来ました。
 尾瀬ヶ原は草紅葉が見頃で、湿原ではヒツジグサの紅葉がきれいで、ウルシも赤く色付いていました。木々の紅葉はまだまだでしたがマユミのピンクの実がけっこう目立っていました。あいにく天気が良くなく、リンドウもつぼみのみで花を開いたところを見られませんでした。この日は鳩待峠から入山しましたが、時間とともに雲が低くなり至仏山方面が下までガスに包まれ始めたため、戻るのをやめ尾瀬沼経由で大清水へ下山しました。けっこう疲れました。
 今朝は日光小田代ゲ原へ行きました。湿原には台風接近時の大雨で池ができており、白樺が映ってきれいでした。紅葉は尾瀬同様まだまだで、10日以上先になりそうです。
 どっちでもクマは見かけませんでしたが、クマよけの鈴を付けている人は多くいました。中にはさらにラジオを鳴らしている人も2人いました。ビデオ屋にとっては結構迷惑です・・。

名前忘れてました・・。

あれ~ いつの間にか40Dをお使いなんですね^^
昨日玉原高原にお邪魔しながら、上州各地を拝見
して来ました。
紅葉はまだ早かったですね。これから楽しみです(^-^)

【densukeさん】

尾瀬行かれましたか。紅葉は今が見頃ですね。今年は別の撮影を始めたため、尾瀬は来年に計画変更しました。

> 戻るのをやめ尾瀬沼経由で大清水へ下山しました。
> けっこう疲れました。

白砂峠を越えたとしても標高差は少ないですが、行程は長いですからね。山小屋泊まりにしないと途中の景色を楽しむ余裕が無くなるから、あまりお勧めはできないです。

> いつの間にか40Dをお使いなんですね

ちょっとした成り行きで(笑)。20D・30Dに比べて、AFのピックアップの良さと、ライブビューに惹かれました。

> 紅葉はまだ早かったですね。

今年の県内の紅葉は、一週間から10日前後遅れている感じです。玉原なら10月中旬以降が良いでしょう。その頃またいらしてください。

この記事へのコメントは終了しました。

« 久しぶりの好天 | トップページ | 合同調査 »