« 若オジロ | トップページ | 若クマ »

2007年11月29日 (木)

真夜中の鷲

20071129
真夜中だろうが真っ昼間だろうが、タイトルにイーグルと付いていたら見に行かないわけにはいきません..と言うのは冗談ですが(笑)、「ミッドナイトイーグル(高嶋哲夫原作)」は以前に原作を読んでいたので、取りも直さず見に行ってきました。
Caplio R6

上映終了後に目頭を押さえている人が散見されましたが、原作のイメージにあるサスペンスアクション映画というより、どちらかと言えば人間ドラマに近い印象ですね。予算たんまりCG使いまくりのハリウッド映画には、どうあがいても勝てるわけないのが邦画の宿命。無理にこぢんまりとしたアクション映画にするよりも、その方が正解かもしれません。そう言う意味で、前評判というか宣伝文句にある「邦画史上最大のスケール」という部分には、あまり期待しない方が良いでしょう。一応家人は邦画のサスペンスアクションにしては良くできているという感想でしたが、私はやや原作の先入観を持って見たので、全体的に盛り上がりに欠けるという印象を持ちました。

よく言われる邦画の良くない点は脚本と編集ですが、その点本作品は一部のキャストを除いて大筋では原作に忠実なので、原作を読んだ方でもそう違和感はないと思います。見終わった後に、角○映画のような「原作と全然違うじゃん!」という突っ込みはしなくても済みます。編集についても、邦画特有?のつながりのない妙な場面転換もあまり見られず、安心して見られました。エンドロールを見ていて気が付いたのですが、編集はハリウッド映画を手掛けているウィリアム・アンダーソン氏のようです。最近では「亡国のイージス」も同氏の手によるものですね。

例の如く突っ込みどころ満載ですが、あまりその辺りを書くとまだ見てない方に申し訳ないので取りあえず1点だけ。デジタル一眼レフカメラの高感度性能で一喜一憂しているこのご時世に、戦争報道カメラマンの役柄とはいえ、主人公が手にしているのはナイコンの名機F3。スクリーンに大写しになったファインダーが、ちゃんとF3のそれだったのには感心しましたが、真夜中に望遠ズームレンズ付きのフィルムカメラで、しかも手持ちで飛んでいる飛行機を撮るのはちと無理あり過ぎ。せめて脇の三脚に載せてあったサンニッパを使って欲しかった(笑)。

ちなみに原作は、雪山を舞台にしているだけあってその方面が好きな人にはお薦めです。山岳アクション小説として十分楽しめる内容だと思います。

« 若オジロ | トップページ | 若クマ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。