« 信州でアレ探し | トップページ | 若オジロ »

2007年11月27日 (火)

オオワシ現る

20071127
今日は雲がたれ込めやや風が強く吹きましたが、気温は思ったほど下がらず、湖岸に待機していてもそれほど寒さを感じずに済みました。

20071127b
前回遠目に飛んだのを見送っただけでしたが、今日はしっかりと頭上近くを何度か旋回してくれました。しかし風が強く気流が安定しないのか、オオワシの飛行はやたらとゆらゆら不安定で、近くを飛ばれるとフレーミングし辛いことこの上なかったです。それに曇天のどんより空バックでは、白黒ツートンと巨大な黄色い嘴が映えませんね。ちなみにオジロワシは朝一で一回飛んだきりで、その後はオオワシに気圧されたのか姿を見せず。

20071127c
ここのカワガラスは異常なほど人慣れしています。餌を探しながら自分から近づいてくるカワガラスなど初めてですね。いつも渓流で見掛ける奴は、ビビッと警戒音を発しながら一直線に川面を飛び去るのが常ですから。

20071127d
バスが小田代原を通過中、奇妙な角の牡ジカを見つけました。普通シカの角は頭頂部から上に伸びていくわけですが、彼の右の角は後頭部より右横に生えているのです。もともとこういう生え方なのか、それとも夏の間にどこかにぶつけてしまったのか定かではないですが、牡にとって大切な角がこれでは、この秋の繁殖活動に支障が..と思いきや、一応2頭の牝を連れていたので、そう大事ではなかったのかもしれません。

それにしてもこのシカ、写真でも判るとおり湿原に張り巡らせた電気柵の内側にいるのです。恐らく戦場ヶ原側から入ったのだと思いますが、これでは何のための電気柵なのか判りませんね(苦笑)。

20071127e
先日発売されたばかりの、ナイコンのD300の実物を初めて目にしました。持ち主に聞いた話では、予想通り鳥屋にはFXフォーマット(いわゆるフルサイズ)のD3よりDXフォーマットのD300のほうが人気があるようです。少し触らせてもらいましたが、手にした感触やシャッターの動作などはさすがにナイコン製で、某C社の40Dが値段なりにちゃちく感じました(笑)。画質などは未知数ですが、持ち主曰く「D200よりはマシ」とのことです。

EOS40D(EF28-300/3.5-5.6L IS)
XL H1(EF400/5.6L)、GR DIGITAL

« 信州でアレ探し | トップページ | 若オジロ »

コメント

今晩は。私も昨日その湖岸におりました。1時間と短い時間だったこともあり、猛禽はトビだけでした。暖かい砂浜で男体山をスケッチして帰途につきました。

お寒~ございます。
 私もスタッドレスに換装してオオワシ見に行こうかと思いました。観音の値段なりにちゃちいカメラ(私には重厚なカメラです!)とナイコンのビノキュラ持って・・。でもレンズが無いので10m以内にワシ君来てくれれば何とか・・。生のオオワシは上野(園)で見たことあります。

【sumitochiさん】

月曜はかなり暖かかったようですね。

> 猛禽はトビだけでした

あれ?昨日話した鳥屋さんは、
月曜に結構ワシを撮ったような話をしていましたが..

【densukeさん】

バスが週末を待たずして終了するので、
あの浜もしばらく入れませんね。
(歩けば可能だけど)

> 観音の値段なりにちゃちいカメラ

いやいや40Dのコストパフォーマンスは良いと思いますよ。
それにD300が重厚かと問われればそれはノー。
最近のナイコンのデザインは好きになれません。
あのゴテゴテした感じがイマイチですね。

> 10m以内にワシ君来てくれれば

風が強い日は運が良ければ割と低く飛ぶことがあります。
さすがに10m以内は無理ですが。

この記事へのコメントは終了しました。

« 信州でアレ探し | トップページ | 若オジロ »