« 氷下待ち網漁 | トップページ | 根釧台地に風車は回る »

2008年2月27日 (水)

風強く、ワシ少なく

先週末の暴風雪の余波も明けぬまま、またまた低気圧の影響で風雪の強い1日でした。根北峠など終日吹雪のため通行止めで、弟子屈から標津へ抜ける国道・道道も軒並み地吹雪で通行止め。完全にオホーツク海側と根室海峡側の往来が遮断されてしまいました。こういった暴力的な気象状況というのは、内地ではなかなか味わえないものです。

それはそうとこの冬は、根室海峡周辺の湖沼群で見掛けるワシが少ないように感じますが、実際はどうなんでしょうね。後日、一斉カウントのデータを入手してみないと何とも言えませんが、昨年も同じような印象を受けているので、少々気掛かりですね。昨年は暖冬で氷が張らず、氷下漁そのものが不漁だったようですが、今年はどの湖沼も十分に氷結しており、先日地元の漁師と話した際にも、2月だけ見れば水揚げは悪くないと言っていました。その割にワシの集まりが芳しくないように思えますが、まあ先週今週の状況だけで、良いも悪いも断じようがありませんけど..

20080227

20080227b

20080227c

20080227d

20080227e

20080227f

20080227z

こういう風が強い日というのは、ビデオはまったくダメですね。車載ポッドに積んだとしても、遮るもののない氷上だと、結局車そのものが風を受けて揺れてしまうのでペケ、ましてや三脚を立てるなど自殺行為に等しい..間違いなく風で倒れる..です。自ずからスチル撮影がメインとなりますが、同じく風の影響を受けるのでフードを外して撮影に挑みます。

今回初めて酷寒の地に1D MarkIIIを持ち込みましたが、その新型バッテリーの保ちの良さには舌を巻きますね。渡道前日にフル充電してきましたが、いよいよ30%を切ったので、昨晩ようやく追加で充電しました。日中でも氷点下10℃前後、早朝なら同15℃くらいまで下がり、日によってはCFカードで15GB程度まで撮影しています。当然動体撮影であれば、AI-SERVO AFにイメージスタビライザーもフルに作動させています。それでいてここまでバッテリーが保つのは驚異的ですね。MarkII以前のニッケル水素バッテリーの時もまあまあの保ちでしたが、新型はそれを遙かに上回る性能です。実はプロサービスから事前にそのような話を聞いていたので、予備のバッテリーを買わずに様子を見てきたのですが、私の使い方程度ではまったく予備の必要性はないですね。

それとMarkIII絡みでもう何点か。こちらで会うネイチャー系カメラマンと話をすると、皆が挙ってMarkIIIのAFは悪くなった、MarkII Nが良かったなどという話になります。そして必ずナイコンのD3は良いようなぁ..と続くのです(笑)。実際のフィールドでD3を使ったことがないので比較はできませんが、確かにMarkII Nの粘りのあるAFは良かったと思いますが、個人的にはMarkIII..もちろん対策後のね..のスピード感のある俊敏なAFも悪くないと思います。今回も様々なシチュエーションで設定を色々変えつつ撮影していますが、スパッと切れ味良くピントが決まる様は、MarkIIIならではのものですね。

皆一様に同じような感想を抱くのも、何だか裸の王様のような気がしないでもないですが(笑)、思うに使いこなしの問題なのであって、MarkII以前のような撮り方ではその性能を発揮させることができない、いわゆるじゃじゃ馬的な味付けのカメラのように感じます。

それに直接AF性能とは関係ないですが、DIGIC3の絵作りなのか1000万画素になった恩恵なのか、ビシッと露出とピントが決まった際の絵は、MarkII以前には戻れないと感じさせます。特にエクステンダーを併用しても、十分に光が回っていればそれを看破することは難しいでしょう。

EOS-1D Mk3(EF500/4L IS)
Caplio R6

« 氷下待ち網漁 | トップページ | 根釧台地に風車は回る »

コメント

MarkⅢのバッテリーのお話、全く同感です。私は早まって、
カメラと一緒に予備バッテリーを購入しましたが、寒冷地での
使用においても、予備はほとんど出番がありません。そして、
今後もこの状態が続きそうな様子です。

下から3枚目(上から5枚目)。
彼らはなぜ、ムーンウォークをしているのですか??
1)車もゆれるほどの向かい風に耐えている。
2)お魚を見つけて、おやおや?あんなところに。
3)特に意味はない。
果たしてこの中に正解はあるのか?

【fieldnoteさん】

> 予備はほとんど出番がありません。

それでも少なからず出番があるというのは、
相当な量の撮影をこなすのですね。
Mk3に限って言えば、長期遠征を除けば、
予備バッテリーなどスポーツ報道の世界くらいでしか
用がないと思っていました。

【joshiさん】

> 彼らはなぜ、ムーンウォークをしているのですか??
> 1)車もゆれるほどの向かい風に耐えている。

想像でしかないですが、当日の状況からすると
正解は1でしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 氷下待ち網漁 | トップページ | 根釧台地に風車は回る »