« EF100-400ISの謎とメジロ | トップページ | 沢蟹 »

2008年5月 8日 (木)

天狗と全力疾走

話は遡ること約一月前。某所でミズバショウのビデオ撮影中、沢の奥からキツツキのドラミングが聞こえてきたので、音源を辿って足を運んだときのこと。視線を上げて上流方向に目をこらすと、何やら大型の鳥がこちらに向かって飛んで来るではないですか。飛行高度も異常に低く、10mほどの樹冠すれすれに滑空しているため、ハッキリとその鳥の表情も判ります。もちろんその鳥とは愛しの天狗様。私がいつも追い掛けているこの山の主たるまさにそれ。

キョロキョロと顔を左右に振っていることから、谷筋でハンティング行動中であることが判ります。やおら私の手前20mほどで彼..雄であることはすぐに判った..はこちらを凝視、目と目が合いつつも、しかし飛行高度はそのままに頭上を通り抜けようとしました。当然慌てたのは私のほうですが、間抜けなことに手には携帯レコーダーしか持っていなかったため(苦笑)、ミズバショウの側に置いてあるバックパックまで思わず走り出してしまいました。

滑空する天狗様の真下10mほどを、自分でも信じられないほどのスピードで全力疾走、足を木の根や石に取られつつも、何とか転ぶことなくバックパックまで到達、転がっていたカメラを掴んだときには、彼はすでに右岸側の尾根を超えていくところでした。何をこいつは慌てて走っているんだと言わんばかりの表情で見下ろす天狗様の姿が、今でも目に焼き付いて離れません。

しかし、もしあの時の光景を事情を全く知らない人が見たら、天狗に襲われて一目散に逃げる人間..の図に見えたのは間違いないでしょうね(笑)。

20080508
北部山岳地帯の主、天狗様の肖像。
Canon XL H1(EF400/5.6L)

« EF100-400ISの謎とメジロ | トップページ | 沢蟹 »

コメント

天狗様って先日わたしが動物園で撮った
ニ○ンイ○ワシに風貌が似てます~^^
しかしいい顔してますね~(^-^*)

関東近県で天狗様のいる動物園と言えば、
多摩ZOOですね。GWに行かれましたか。

この記事へのコメントは終了しました。

« EF100-400ISの謎とメジロ | トップページ | 沢蟹 »