« 道東の原野に生きる | トップページ | 若ワシ巣立つ! »

2008年6月20日 (金)

鷲と鶴

今日は根室海峡に接する湖沼群と湿地を見て回る。今の季節は様々な生きものに遭遇するが、とりわけ目に付くのはオジロワシとタンチョウ。両種とも冬の鳥のイメージを持つが、ここ道東エリアでは繁殖活動を行っているため、オジロワシなどは通年を通して観察できる。冬の取材で目星を付けておいた営巣木を見て回り、繁殖状況を確認。

20080620

20080620b

20080620c

20080620d

20080620e

20080620f

XL H1(EF28-300/3.5-5.6L IS)
iVIS HV30(TSN-774)
GR DIGITAL

« 道東の原野に生きる | トップページ | 若ワシ巣立つ! »

コメント

おはよー
動物園と違って、やっぱり自然に棲息する姿
は色艶が違いますね(@。@”
北海道シリーズ見応えがあって、すばらしいです(^-^*)

やはりワイルドライフは野にあってこその野生。
カゴの中の鳥とは違いますね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 道東の原野に生きる | トップページ | 若ワシ巣立つ! »