« 黙して語らない自然 | トップページ | 親子グマ目撃 »

2008年8月11日 (月)

親子グマ出没

昨晩のgaku先生、相変わらず宮崎節がよーく回っていましたね(笑)。歳を重ねて..49年生まれだからもうすぐ還暦ですか..尚ますます盛んなことで、あのバイタリティ溢れる思考は見習わなければなりません。こと自然相手に写真を撮る限り、まずネタに困ることはないですし、ヘタすれば生きている内に答えの出せないテーマもあるかもしれません。でもそれが楽しくてまた生きる糧にもつながるのなら、もう天職と言っても良いのでしょう。これからも自然界の刺激的な写真を見せ続けて欲しいものです。

20080811
先日の若グマはやはりあれから姿を見せていませんが、今朝になって少し動きがありました。同じ現場に今度は親子のクマが来ていたようです。朝採りレタスは少し離れた畑に場所を移しているので、今のところはさほど人の気配も気にならないのでしょう。周囲を少し調べてみましたが、農道上の足跡は現場付近だけにしか付いてないので、防風林沿いに山から下りてきたようです。

20080811b
これは10cmにも満たない子グマの足跡。この春生まれた子グマに違いないでしょう。親の方の足跡も12cm程度しかないので、まだ若い雌のようです。

20080811c
まだまだ食べるには至りませんが、山グリは今年も良い感じで実を付けています。もろこしレストランは休業中ですが、レストラン界隈には山グリが多いので、もしかしたらその辺りもねらい目かもしれません。取りあえずもう一台の自動撮影装置を、現場近くの防風林に仕掛けようと画策しています。

GR DIGITAL

« 黙して語らない自然 | トップページ | 親子グマ目撃 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。