« セイフティシフト | トップページ | 脱兎の如く »

2008年11月17日 (月)

沼田霧

朝霧と言えば京都亀岡の丹波霧などが有名ですが、秋も深まるこの季節、我が赤城高原から見下ろす沼田盆地でも、朝霧がよく見られるようになります。利根川と片品川の河岸段丘に挟まれた沼田盆地は、もともと霧の発生しやすい地形と言えますが、一日の寒暖の差が激しくなるこの季節は特に多く見られます。前日に雨が降る、夜間に弱い放射冷却が起きる、朝は微風が吹く、などなどいくつかの条件が整う必要がありますが、雲海のごとく霧がたなびく景色は見ていて風情があります。

20081117

20081117b

20081117c

EOS50D(EF-S18-200/3.5-5.6 IS)

« セイフティシフト | トップページ | 脱兎の如く »

コメント

んんんんんー!

うなるだけでがんす
こんな景色を目の前にしたら
時間感や価値観や 全てのものが変わっていくんでがんしょね

あらためて 自然っていいでがんす と思える写真っす。。。

こういった自然の事象に素直に反応できるよう、
日頃から自然観を鋭敏にしておきたいものですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セイフティシフト | トップページ | 脱兎の如く »