« 足跡も凍る | トップページ | ハイタカの襲撃 »

2009年1月26日 (月)

はやにえ

先週末2日間を不在にしていたため、今日は以前から家人に申し付けられていた畑のブルーベリー剪定に従事。まあ従事というほど本数植わっているわけではないですが、手入れしだいでは今年の収穫に影響するので、年数経って枯れた枝や、弱そうな枝を片っ端から切り落とします。

20090126

その作業中、母屋から一番離れた株のどの枝を切ろうかとしげしげと見回していると、枝先にトカゲ..カナヘビの幼生?..の日乾しを発見。もちろんこれは、いわずと知れたモズのはやにえ(早贄)。我が家の敷地にはモズが棲みついていて、秋が過ぎるころになると雌のほうがその縄張りを維持します。家人によれば、先月の時点では日乾しはなかったらしいので、件の雌が雪が降る前にドライフーズ作りに走ったようです。

モズのはやにえは、食糧事情の悪くなる冬の貯食行動の一つとして一般に知られていますが、長らくその事実確認がされてこなかった..実際に食べているところを見た例は増えているが..生態です。はやにえが多く見られる年は、その冬の降雪量が多いなどとも言われますが、実際に食料として利用するだけなのかは、未だに解明されていません。何より、餌台に集まるスズメやカラ類を横目に、忙しそうに家の周囲を飛び回るモズの雌を見ていると、トカゲのドライフーズの存在など忘れてしまったかのようです。とりあえず春までにトカゲがどうなるか気になるところなので、その枝は切らずに残しておくことにしました。

EOS5D Mk2(LEICA APO-MACRO-ELMARIT R100/2.8)

« 足跡も凍る | トップページ | ハイタカの襲撃 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。