« 雪が降ると餌台繁盛 | トップページ | 寒さ戻る »

2009年2月18日 (水)

しましま

20090218
ジュクジュク、ニーニー、チキチキ、ギーギーと賑やかな音を立ててカラ類の混群がやって来ました。内訳は鳴き声の順にエナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、それにコゲラ。撮影の手を休めて窓の外を眺めていると、仕事場の窓辺近くまでやって来て、思い思いに餌を探しています。やがて1羽だけ混じっていたコゲラが、すぐ近くのヤマボウシに止まって、らせんを描くように幹を下から上へと登ってきました。物撮り用のマクロレンズを望遠ズームに付け替えて待っていると、ちょうど2階の窓辺の高さまで来たところで横枝に移ってくれ、一瞬だけ動きを止めたところをパチリ。

20090218b
近所の雪もだいぶ減って、畑の畝沿いにわずかに残るだけとなっています。縞々が何となくコゲラっぽいですね(笑)。遠景はいまだに噴煙を上げる浅間山。

EOS-1D Mk3(EF100-400/4.5-5.6L IS)
EOS5D Mk2(EF28-300/3.5-5.6L IS)

« 雪が降ると餌台繁盛 | トップページ | 寒さ戻る »

コメント

こんにちは、はじめまして、北海道人です。
伊藤健次さんを検索していてたどり着きました。
先日、伊藤さんにお会いする機会があり、遅ればせながら「山わたる風」をご本人から購入いたしました。
やはり僕とおなじような感想を持った人がおられるのだなあと思いました。
彼の大型本の写真集を見たいものです。彼にその力はあると僕は確信しています。
三村さんにぜひ写真をみてほしいですね。

ところで貴殿もすごいです。
こういう人達の写真を見ると、僕は写真が撮れなくなってしまいます。

ご覧いただいた記事中でも触れたように、
私もkanetaさん同様、伊藤さんの表現する世界を支持、
そして期待する1人です。

とかく本物志向のウィルダネスやワイドライフの世界というのは、
同じような思考、趣向、方向性を持つものには支持されても、
ごく普通の一般の方々にまで浸透するには時間がかかります。
アニマに登場した頃の星野道夫さんも同じような感じでした。

出版不況が叫ばれて久しい昨今ですが、
写真集もさることながら、写真展の開催も期待したいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪が降ると餌台繁盛 | トップページ | 寒さ戻る »