« 北部の森はいと賑やか | トップページ | 冬の倒木 »

2009年2月 8日 (日)

窓辺のシメ

昨日の快晴無風が嘘のように、今日は朝から強風が吹き荒れました。すっかり風で傾いてしまった餌台を補修し、午後から調査関係の委員会に出席するため県南に下りましたが、関越道の利根川を渡る橋の上ではハンドルを持って行かれそうでびびりました(汗)。帰ってから倅に聞いた話では、上越線も渋川~沼田間で一時不通になっていたようです。

20090208
EOS5D Mk2(EF500/4L IS + EF2x)

5D Mark2の動画撮影機能による映像サンプル(Windows Media Video9形式)アップしました。ビットレートを2Mbps前後に設定しているので、ブロードバンド環境でないと視聴は厳しいかもしれません。特に明記がない場合、Picture Styleは忠実設定ベースのカスタムを適用。尚、サーバーの容量の都合上、映像サンプルは一定期間過ぎると削除します。

●超望遠レンズによる映像サンプル

別件の撮影中、たまたま窓辺近くにやってきたシメを、ちょこっと動画で撮影してみました。やや露出が飛んでしまったのと、物撮り中で雲台がモノボールであったためフレームの運びがギクシャクしているのはご容赦を。モノボールはパン棒がないので、カメラを振るのに直接ボディを触ることになり、手の動きがもろにフレームの運びに影響してしまいますね。やはり餅は餅屋で、動画にはビデオ雲台に勝るモノはないということです。

それにしても解像感はビデオカメラの映像の比ではないですね。立体的な描写に羽毛の質感の再現性など、既存のビデオカメラでは到底実現できない世界です。基本的に超望遠の世界はコリメートビデオシステムの領域なので、この組み合わせで使うことはそう多くはないでしょうが、ブラインドを利用した近距離戦では活躍してくれそうです。

※映像サンプルは削除しました(2009年8月16日)。

« 北部の森はいと賑やか | トップページ | 冬の倒木 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。