« 小さな春の気配 | トップページ | ノウサギの糞は重要 »

2009年2月14日 (土)

天候急変

20090214
寒冷前線の通過に伴って、北部山域での月例調査は天候が目まぐるしく変化。調査結果もちょっとしたハプニングで、なかなかダイナミックな展開に。

20090214b
朝からお昼前は東よりの風による横殴りの雨、途中時々みぞれっぽくなりつつ、時折晴れ間ののぞく空模様。よもやこの時期に雨になるとはつゆとも思わず、雨に打たれつつテルモスの熱いコーヒーをすすりながら、ひたすら天候の回復を待つ。野外でのワイルドライフ調査とは、何も晴れた日ばかりではない。調査員には識別能力だけでなく、耐候性も要求されるのだ。

20090214c
お昼を挟んで午後からは一気に快晴へ。時折吹き付ける妙にぬるい風に、帽子も上着も手袋もいらず。気温もぐんぐん上昇し、この地この季節にしては異例の9℃まで上がった。さもありなん、帰宅してニュースを眺めれば、前橋で20℃、静岡では25℃超の真夏日だったとか。それにしても、一日でここまで天候が変化するのも珍しい。

20090214d
これはまったくの余談だが、今日は我が村の冬祭り。仕事場の窓から余興の花火が上がるのが見えたので、5DMk2でパチリ。本当は動画で撮影するのがおもしろいのだろうが、調査結果のビデオ精査が忙しくてそれどころではないのだ。

EOS-1D Mk3(EF100-400/4.5-5.6L IS)
EOS5D Mk2(EF28-300/3.5-5.6L IS)
GR DIGITAL

« 小さな春の気配 | トップページ | ノウサギの糞は重要 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな春の気配 | トップページ | ノウサギの糞は重要 »