« 獲物の季節 | トップページ | 武尊のアルペングロー »

2009年12月14日 (月)

急変

20091214
比較的穏やかに推移した午前中。遠くの稜線を眺めつつのんびりと昼飯を食っていると..

20091214b
あっと言う間に雪模様。午後早くには目の前の岸壁も雪煙の向こうに。山の天気は変わりやすいですなぁ..

20091214c
今日の失敗はクマのう○こを踏んじまったこと。しばらく気付かなかったことがさらに追い打ちを掛ける。危うくそのまま車に乗るところだったのが、すんでの所でそれは回避。長靴のまま冷たい渓流に浸かり、ジャブジャブ洗って事なきを得た。しかし問題はそこではない。脱糞したてホヤホヤのまだ暖かい..決して触ったわけではないが..真新しい糞が、すぐ近くの草むらにあったことである。

新鮮さからみて私が来る以前にすでにあったものではない。間違いなくここに来てから以降に措置されたものである。すぐ近くを渓流が轟々と流れており、確かに近隣で何かあっても音は聞こえない。何より県北のクマはとうに穴に入っていてもおかしくないのが、未だに彷徨いている個体がいることである。降雪が激しくなってきたので慌てて車に避難するが、どこからか糞の主に視られている気がしてならなかった。

« 獲物の季節 | トップページ | 武尊のアルペングロー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 獲物の季節 | トップページ | 武尊のアルペングロー »