« 1の4かそれとも7かそれが問題だ | トップページ | 柵を越えるサル »

2010年1月24日 (日)

開け小翼雨

20100124
午後になって風向きが変わり、それまで東へと流れていた噴煙が北西へと変わりました。我々のいた場所は終日無風状態でしたが、上空では絶えず気流が変化していたようです。

20100124b
頭上に姿を現したノスリが水平滑空から急降下を始めました。両翼をM字型にたたみつつ落下速度を利用してスピードを上げ、徐々にハンティング体勢に移行。そして突入の少し前、獲物がどの方向へ逃げても対応できるよう小翼雨を広げて姿勢制御を図るのが見えました。

小翼雨は元々は初列風切羽の一部でしたが、現在は退化してその役割も初列風切羽とは異なります。位置的には第一指骨から生えているので、人で言うところの親指に当たり、枚数も数枚程度になります。普段飛ぶ際に使われることはありませんが、写真のように翼の前面に開くことで翼との間に気流を生んで、飛行時の姿勢を安定化する役割があると言われており、特に急激な姿勢の変化..例えば急降下時の失速の防止など..を安定させる場合に使うことになります。鳥類のほとんどにこの小翼雨はありますが、猛禽類の滑空や急降下時には特によく目に付きます。彼らの行動観察中、フィールドスコープの視野にこの姿勢を捉えると、今風に言えばちょっと萌えますね(笑)。

20100124c
2枚目の写真は1/4程度にトリミングしていますが、こっちはノートリ。今日はかなり頻繁に頭上を行き交い、2羽が追いつ追われつの求愛行動を見せていました。いつもはあまり食指が動かない馬糞鷹ですが、時々ダイナミックな行動を見せることもあるのでなかなか侮れません。それにブログに載せる写真としては無難な種ですしね(笑)。

20100124d
月例調査で冬晴れの県西部へ。無風の上着要らずのポカポカ陽気に、昼飯後は思わず眠気の世界へと誘われそうになります。

« 1の4かそれとも7かそれが問題だ | トップページ | 柵を越えるサル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。