« 少々寝不足 | トップページ | もう梅雨の晴れ間 »

2010年6月16日 (水)

梅雨入り

今日東北の北部で梅雨入りしました。これで北海道を除くすべての地方で梅雨入り..沖縄は梅雨明けだけど..したことになりますが、何れも平年より3日から2週間ほど遅いことになります。取り敢えず春先に降水量が多かったせいで、関東の水瓶である群馬の各ダムは今のところ満水となっていますが、梅雨入りが遅れたり早く明けたり、また予想以上に雨量が少なかったりすれば、盛夏以降の農業用水に影響が及ぶので、なかなかうっとうしい梅雨とはいえその動向は気になるものです。

20100616
梅雨前線の影響で前線を伴った低気圧が東北地方を通過、昨夜から激しく雨が降りました。雨は昼前には上がりましたが、周辺の山々からは視界を遮るようにガスが立ち上るのが見えました。

20100616b
急速に雲が流れ、時折晴れ間が覗きます。雨が降っている間、物寂しそうに鳴いていたトラツグミも、周辺のガスが薄れるのに合わせて静かになりました。

20100616c
東北の山間の谷に張り付くように点在する田んぼ。その界隈では夏鳥であるサシバの姿が見られます。サシバはオオタカサイズの中型のタカですが、主な餌は昆虫やカエルなどの小動物で、それらを提供する草地や湿地に好んで生息します。日本では弥生時代以降、山間の谷地などでも稲作を行ってきました。湿地は埋め立てられたりして減少の一途を辿っていますが、その代わりに増えてきたのが田んぼであり、その人為的な湿地帯に上手く適応してきたタカがサシバということになります。農薬の利用で餌動物であるカエルなどが減って、近年は生息について厳しい状況が続いていますが、昔のような有機的な生産方法に回帰することで、コウノトリやトキだけでなく、サシバにとっても良い環境が戻ってくることに期待したいものです。

« 少々寝不足 | トップページ | もう梅雨の晴れ間 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。