« 踊る大脱走? | トップページ | 田んぼの生きもの »

2010年7月 7日 (水)

我が振り直せ

20100707
大雨が降った後の河口付近の海岸線。広い砂浜にポツンと置き去りにされた青いポリ缶が、何となくシュールな感じです。

20100707b 
でも付近の浜を散策すると、すぐに現実の世界に引き戻されてしまいます。海岸線の漂着ゴミ問題になると、中国や台湾それに韓国などの海中投棄ゴミの話になりますが、写真に写っているゴミはすべて日本製、紛れもないメイドインジャパンです。海外からの観光客が、日本は街中にゴミが落ちてなくてきれいだとほめる話を耳にしますが、地方の田舎に行けばこんな光景はザラです。他国を責める前に、まず自分の国の足下をしっかり見つめ直すべきでしょうね。

20100707c
まるでオジロワシのように辺りを睥睨するトビの夫婦。こうして見るとなかなか捨てたもんじゃないですね、と言いたいところですが、この後海岸のゴミ山を漁っていたので、やっぱりスカベンジャーなトンビでした。

20100707d
その名の通りの千鳥足で、波打ち際を行ったり来たりしていたのはシロチドリ。

20100707e
思わずビーチパラソルを立てたくなるようなシチュエーションの定点。ただ、ビール片手に海パンいっちょで仕事するわけにもいかないので、汗だくになりながらひたすらスコープを覗いていました。本格的な夏はすぐそこまで来ているようですね。

« 踊る大脱走? | トップページ | 田んぼの生きもの »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。