« 久々好天 | トップページ | 朝ツル昼ズボ »

2011年2月 3日 (木)

白銀の山稜

今日はお昼頃には11℃まで気温が上がり、防寒着の類は一切必要なく、シャツ一枚でも暑いくらいでした。日の出前の赤城高原では氷点下9℃だったことを考えると、気温差は20℃あったことになります。極地で生活を営むエスキモーは、氷点下40℃の日々が続いて後、ある日気温が氷点下30℃まで上がると、暑い暑いとシャツ一枚になって走り出すと聞いたことがあります。まあそこまで極端な話ではないにしろ、人は環境に生かされる生きものですから、温度計の指し示す数字よりも、案外現金なもののようです。

20110203

20110203b

20110203c

20110203d
朝からバタバタと資料を手直しし、午前中は某役場で打ち合わせ。そのまま昼飯を誘われるも、こんな日は外で食った方が気分が良いので丁重にお断りし、コンビニでいつもの外飯を調達、近くのフィールドへと直行しました。着いてすぐ、いつもの留まり場に天狗様の姿を発見したのは良かったものの、監視どまりだったようで2時間近くも動き無し。スコープを覗きながら、体半分がジリジリと日に焼けるような感触に耐えつつ、汗をかきながらの観察でした(苦笑)。

« 久々好天 | トップページ | 朝ツル昼ズボ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々好天 | トップページ | 朝ツル昼ズボ »