« 黄砂で撤退 | トップページ | 高原と山岳と »

2011年5月 3日 (火)

天狗の頭掻き

20110503
「ゴゴゴゴォ..」というまさに地響きという表現がぴったりの轟音とともに、突如として大きな雪の塊が斜面を滑り落ちてきました。我々の立ち位置より15mほど離れていたので、危うく難は逃れましたが、巻き込まれていたら即死は間違いなかったでしょう。何せ雪とは言ってもほとんど氷塊ですからね。朝着いた時に周囲を眺めて、一応は谷地形の下にならないように立ち位置を決めたのが功を奏したようです。

20110503b
追いかけていたK天狗を獲り逃がした照れ隠しに、思わず頭を掻く天狗の母様。と言うのは冗談ですが、飛びながら出来ることは飛んでる最中に済ませてしまうという、鳥類としては至極真っ当な仕草ですね。まあ天狗様の場合は見かけることは少ないですが。

« 黄砂で撤退 | トップページ | 高原と山岳と »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。