« 物欲の秋 | トップページ | 谷川初冠雪 »

2011年9月30日 (金)

隣家の長元坊

S社のデジタル双眼鏡が国内発表になりましたね。仕事柄、撮るのも観るのも光学レンズを覗くのが日常の立場では、ビデオカメラでもあるまいにEVFを覗き続けるのには抵抗感があります。が、日本人が好きなオールインワンもここまで来たかと思いつつ、遊びの分野では面白い製品かもしれません。運動会や競技観戦などでスチルカメラとビデオカメラ、それに双眼鏡を一台で兼用できるのですから、使い方を間違わなければそれなりに便利でしょうね。最近流行りのエコツアーやサファリツアーなど、荷物を減らしたい海外旅行のお伴にも良いかもしれません。

グレードの低い方(DEK-3)で実売13万、高い方(DEK-5)が20万とのことですが、どうせならデジタル20倍が付いた高い方が使いでがありそうです。ちなみにS社の説明では、DEK-5は警備や監視、それに保安用途を想定した業務用なんだとか。NEXシリーズのようなオシャレ感はみじんもない、見た目からしていかにもミリタリーチックな雰囲気が漂っていたのはそのせいかと合点がいった次第。海猿とかが大量導入しそうな雰囲気..って言うかすでに納入されていてついでに民生転用したのかも(笑)..濃厚ですね。

20110930
朝飯前に庭で畑仕事に従事していると、2階の屋根すれすれに小型の猛禽が飛んでくるのが目に入りました。その独特のヒラヒラした飛び方から、肉眼でもすぐにチョウゲンボウのそれだと判ります。頭上を2回ほど旋回..10mくらいしか離れていないので目が合った..してから隣家の長老宅の屋敷林に飛び込んだので、何か捕まえたかと思いつつもその後に動きがなかったのでそのまま放置。朝飯後にコーヒーすすりつつ仕事部屋から何気に先ほどの屋敷林に目をやると、先ほどのチョウゲンボウが止まっているのが見えたので、窓からGH2改+FD500セットで狙ってみました。

« 物欲の秋 | トップページ | 谷川初冠雪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。