« 勿体ない | トップページ | 鏡無し »

2012年2月 9日 (木)

3千万越え

今日からCP+が始まりました。目玉の1つであるナイコンの新型機D800は驚異の3600万画素だそうですが、いよいよオーバー3千万の時代が来ましたか。フィルム時代で言うところの、いわゆる中判カメラ並みの写り..公式サンプルの図書館の俯瞰撮影は驚異的な画質ですね!..になるような話ではありますが、そのくらいになると、レンズの解像力が付いていかないとか何とか昔は言われていたように思いますが、実際はどうなんでしょうかね。

ナイコンの公式アナウンスでは、現行ニッコールは問題ないとのことですが、どう考えてもうちにあるオールドMFニッコールたちは力不足でしょうな。モアレを前提にローパスフィルターを装備しない..正確には効力を弱めているらしい..モデルも用意して、徹底した解像力勝負に出ていますが、D800を手にする人たちは、お高い最新ニッコールを手に入れることを心して掛からないと、D700のほうが結果が良い、なんてことになりかねませんね。ま、その点はC社も同じ轍を踏まなければならないとは思いますが..

そのナイコン様も、D90で世界最初のデジタル一眼ムービーの称号を手に入れたにも関わらず、いつしか世間からそんな栄光は忘れ去られ(笑)、C社に遅れること3年半でデジタル一眼ムービーに本格参入のようです。D800は、高感度性能を除けば先に発表されたD4とほぼ同一の動画性能だそうで、当初のEOS5D MarkIIには無かったヘッドフォン端子や、音声レベルメーター、それにマイク感度の設定など音声収録関係もしっかり標準装備です。

3600万画素の高画素が自慢のD800ですが、動画撮影の観点ではフルHDにそんな画素数はまったく必要なく、むしろ間引き処理等によってノイズ対策やエイリアシングの面では逆に不利..D4はISO204800ですがD800はISO25600止まり..になります。最近のC社が画素数を抑え気味にしてダイナミックレンジの確保に走っているのとは対極の選択ですね。フレームレートもEOS MOVIEと同じであり、圧縮方式が同じH.264/MPEG-4 AVCのMOVである点も、3周遅れの後出しジャンケンにしてはやや首をひねる仕様です。但し、HDMIのスルー出力で非圧縮の4:2:2が出る辺りは、流行りの外部レコーダー記録を想定しているのかもしれません。

Joy Ride from Sandro on Vimeo.


メーカーの公式ではまだ動画のサンプルは出ていませんが、あっちでこういう↑のが先行して公開されているのもC社と同じか。さすがにD90のようなローリングシャッターによるコンニャク現象はないな(笑)。

先日のC300によるサンプル映像群や、ひいては3年半前にかのVincent Laforest氏によるEOS MOVIEを見てしまっているので、もはやこの手の映像には驚きは感じませんが、ノイズまみれのD2系に愛想を尽かし、EOS-1D MarkIIの高感度性能に驚きC社に流れたナイコン派を一気に引き戻したD3のように、EOS MOVIEに走った世界中のニッコール愛用者たちを呼び戻すには、取り敢えずは十分な喧伝となるでしょうか。

20120209
今日はやや風が強かった。風上の斜面で雪煙が上がって、それを対岸の火事だとのんびり眺めていると、その数分後には自身に降りかかって右往左往する羽目に。

« 勿体ない | トップページ | 鏡無し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。