« 3千万越え | トップページ | Fireworks in the night sky of winter »

2012年2月10日 (金)

鏡無し

今朝の某国営放送でもニュースとして取り上げていましたが、巷ではミラーレス機なる言葉が飛び交っています。それはソニーのNEXシリーズ然り、私も仕事で使っているGH2をはじめとしたマイクロフォーサーズ機然り、市場的にはすっかりスタンダードな地位を築きつつあり、現在開催中のCP+の新製品群を見ていれば、まあそんなもんかなと。

私は保守的な人間ではありますが、一眼カメラにミラーが付いていないことを糾弾するほど器量は狭くありません。もちろんミラーがないと光学ファインダーを実装できないので、純粋に動体写真を撮ることを考えると、電気信号像よりは光学像のほうが良いのですが、以前よりビデオ撮影も手掛けている背景上、動画であればEVFの電気信号像には何の違和感もありません。

また同時に一眼カメラなる言葉も一人歩きしているようですが、言葉の生い立ちを考えるに、元々は一眼レフカメラから派生した言葉のようですね。一眼レフのレフがない、つまりミラーレスな状態を指しますが、ミラーがないことが一眼であることを指すわけではなく、どちらかと言えばレンズ交換式であることを意味するようで、それはつまり一眼カメラ=ミラーレス一眼ではなく、何だかややこしい話です。

従来からの考え方でいけば、レンズが1つで済み、さらにそのレンズを交換式にできるのが一眼レフの最大の特徴..レンズ一体式のカメラもあるが..となりますが、本来一眼レフは二眼レフに対する呼称です。ファインダーに光路を導くレンズと、撮像用レンズが別々に用意されているのが二眼レフであり、その両方を1つのレンズでまかなうのが一眼レフとなります。

一眼レフでは、撮影直前まではミラーに反射した像をファインダーで確認、撮影時にミラーを跳ね上げて露光するという複雑な手順を踏みます。ミラーのないシンプルな構造の二眼レフではありましたが、ファインダー用と撮影用に同等のレンズが必要となる、縦位置で撮影できない、近接撮影でパララックスが大きくなるので事実上マクロ撮影は出来ない等々、その後は複雑なミラー機構を有するにもかかわらず一眼レフに主役を取って代わられた経緯があります。

ということで、二眼レフでは理論上ミラーが必要ないため、ミラーレスといえば元祖は二眼レフ..いやライカ版レンジファインダーか..なのですが、ミレーレス一眼と呼ぶ場合はこの限りではない、というまたややこしい話を付け加えなければなりません。

ミラーレスとか一眼レフとか、はたまたレンズ交換式とか一体式とか、その当たりの呼称の統一感が不透明なのも、これと言ってツボにはまるような言い得て妙な言い方がないのが原因なわけですが、昨日発表されたCIPA(カメラ映像機器工業会)のカテゴライズでは、ミラーレス構造のものをレフレックスに対しノンレフレックスと呼ぶことになるそうです。

ただ、ミラーレスにしてもノンレフレックスにしても、市場にあふれるコンデジや、さらにはレンジファインダー機までもを包括することになり、そうなるとミラーがないことで新しさを前面に出したいメーカーの思惑..一眼レフは古くさいものとしたい家電メーカーの思惑と言い替えても良い..としては困った話になるので、CIPAの決め事を各メーカーに押しつけるものではなく、結局は巷に妙な呼称が乱立していくことになりそうです。

しかし、以前にも書きましたが、ミレーレスという無いものを前面に出した呼び方はどうにもピンと来ませんね。将来、一眼レフをカメラ市場から駆逐した時、果たしてミレーラスという言葉が適切なのか、今の内に何とかしておいた方が良いように思うのは私だけでしょうか..

20120210
一時的に気温が上がりましたが、再び氷点下の日々へと逆戻り。積雪の上に雨が落ちて、それがすっかり凍り付いているため、まあ歩きにくいこと歩きにくいこと。


« 3千万越え | トップページ | Fireworks in the night sky of winter »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。